2024.01.18

【動画】美術館トップインタビュー[ナショナル・アートミュージアムのいま]

【動画】美術館トップインタビュー[ナショナル・アートミュージアムのいま]

国立アートリサーチセンターは、2023年11月26日に、国立新美術館(東京・六本木)の講堂にて、国立アートリサーチセンター設立記念シンポジウム 「ナショナル・アートミュージアムのいま」を開催しました。

シンポジウムでは、シンガポール、イギリス、フランス、アメリカから、ナショナル・アートミュージアム(国立美術館)の館長や美術館政策に携わる方をお招きし、日本の国立美術館の館長もまじえて、「ナショナル・アートミュージアム」の役割や社会への貢献について考えました。

本動画では、シンポジウムに登壇するために来日した4名の方々に、それぞれの美術館や組織の今日的な役割と、今後の社会におけるアートや美術館の可能性について、ご意見を伺いました。

動画出演者
ケイウィン・フェルドマン:ナショナル・ギャラリー・オブアート館長(米・ワシントンD.C.)
ユージン・タン:ナショナル・ギャラリー・シンガポール館長
クリステル・クレフ:フランス文化省 文化遺産・建築総局次長 兼 美術館局長
ガブリエレ・フィナルディ:ナショナル・ギャラリー館長(英・ロンドン)

なお、本シンポジウムの報告記事やアーカイブ動画掲載の準備も進めています。準備ができ次第、こちらのウェブサイトにてお知らせしますので、もうしばらくお待ちください。

BACK