アクセシビリティ

全国の美術館の「アクセシビリティ」の基準を底上げする方法を調査し、情報の発信や美術館運営に資する提案をします。

全国の美術館の「アクセシビリティ」の基準を底上げする方法を調査し、情報の発信や美術館運営に資する提案をします。

アクセスプログラム

アクセスプログラムとは、だれもが美術館を楽しむことができるように、アクセシビリティが工夫されたプログラムの総称です。手話や日本語文字通訳つきのレクチャー、視覚障害のある方とない方がともに楽しむ鑑賞会、認知症の方が参加しやすいプログラムなどを紹介します。加えて、ベビーカーなど小さなお子さん連れの家族のための取り組みもピックアップします。

調査・研究

世界の潮流ともなっている「DEAI」ーDiversity(多様性)、Equity(公平性)、 Accessibility(アクセシビリティ)、 Inclusive(包摂性)の概念を美術館で展開していくための調査研究を行います。

ソーシャルストーリー

「Social Story はじめて美術館にいきます。」は、主に発達障害がある方とその家族に向けた美術館案内です。発達障害の方をはじめ、美術館にはじめて訪問する方、利用することに不安を感じる方などが、どなたでも美術館を楽しみながら過ごすことができるよう、わかりやすく説明した冊子です。

Social Story
はじめて美術館にいきます

  • ①写真付きで
    わかりやすい
    美術館に入館する前から退館するまでのステップを、順番に読む進めることができます。文章だけでなく、写真やアイコンを見るだけでも内容がわかるようになっています。
  • ②やさしい文章で
    読みやすい
    すべての漢字にふりがながついています。漢字の多い表現や敬語などは避け、前向きな表現で、意味が的確に伝わるように工夫しています。
  • ③主語は「I(私)」
    「We(私たち)」を
    使っている
    当事者の立場に沿うため、美術館からの説明文章ではなく、主語を「私・私たち」になるよう工夫しています。特に、2人称の文章は命令形になるため、避けるようにしています。

アクセシビリティについての
お問い合わせはこちらから
【担当:ラーニンググループ】

お問い合わせフォーム

BACK